大阪高槻市|スプレー缶爆発で火災!原因や中身は何?場所や画像・動画も調査!

大阪高槻市でスプレー缶ガス抜き中に爆発が発生してしいました。

スプレー缶は3,000本ほどを発生の約3週間前の毎週土曜日の夜にガスを抜く作業をしていたとの説明が上がっているようです。

詳しい発生原因やスプレー缶の中身はなんだったのか、画像や動画も調査してみました。

産業廃棄物収集運搬会社「今村産業」の倉庫
会社のHPはこちら「今村産業
住所:大阪府高槻市柱本4丁目22番7号
(引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190708/k10011986661000.html)

発生原因は?なぜ?

発生日は7/6(土)の夜のようです。
3週間ほどかけて毎週土曜日の夜にガス抜き作業をしていたようですが、詳しい原因がわかっておりません。(現在調査中)
作業をしていた方は4人でうち2人がお亡くなりになってしまいました。
そもそも、なぜ3,000本ものスプレー缶が産業用廃棄物として捨てられたのでしょうか?
ツイッターで発見したんですが、昨年の台風被害で使用できなくなったスプレー缶を処分したという情報がありました。
確かに、あの時の台風は凄まじく、翌日大阪に行ってみると木はなぎ倒されていたりガラスが飛散していたりという状況でした。3,000本がほぼ販売もしくは使用できない状態で保管するしかなかったのかもしれませんね…
以前も、似たような事故がなんども発生しております。
このスプレー缶による事故は防げないのでしょうか?

3,000本のスプレー缶の中身は一体何?

今の所、情報としてわかっているのが「機械部品のクリーナー」用のスプレーだったとのことです。
取引先の会社から3,000本ほど持ち込まれたとのことです。

スプレー缶爆発火災の画像や動画は?爆発の瞬間も

ANNのニュース動画が掲載されてました。

昨年の台風被害で使用できなくなったスプレー缶という情報もありますね!

スプレー缶を取り扱う通販会社に家宅捜索も入ってしまいました。

このスプレー缶事故がなくなるスプレー缶を販売していただきたいです。

まとめ

スプレー缶事故がどうかなくなりますように。
最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です