【原爆の揶揄で炎上?】Xiaomiシャオミとはどんな会社?動画やみんなのコメントも!

Twitterでトレンド入りしたXiaomi(シャオミ)

なんのことかな?と思って調べてみました。

炎上した内容や会社の情報を整理してみました。

Xiaomi(シャオミ)ってどんな会社?

シャオミは中国の家電メーカーです。

スマートフォンメーカーとして創業しています。

日本での展開は2017年からです。

スマホからスマートテレビ、スマートウォッチなど幅広く手掛けている総合メーカーです。

炎上の動画は?経緯やコメントも!

炎上の内容は新発売のスマホのプロモーション動画でした。

プロモーション動画なのでいろんな角度からいろんな紹介をしますよね。

でも今回のはどうやら日本にとって気になる部分が多かったのも事実。

すでに公式からは動画やコメントが削除されていますがYouTubeに残っていましたので掲載します。(問題のシーンは0:36〜)

こちらも消されるかもしれません。。。

スマホのことを詳しく書かれているSIM太郎さんのブログやTwitterでも紹介されています。

公式ブログはこちら(https://simtaro.com/

文章炎上になったポイント
  • 食事シーンが寿司を食べるところで日本食だということ
  • 屋根を突き破るところが日本家屋を連想させること
  • 爆発したシーンが原爆のようなキノコ雲だったこと

これらの理由で一度火がつけばTwitterで連鎖反応がおき炎上したようです。

また「太った男」=「Fat Man」を意味し第二次世界大戦末期のアメリカ開発による原子爆弾ファットマンを意味しているのではないか?という憶測もとびかっています。

やはりファットマンという表現に感じてしまうのはマズかったんじゃないかと思いますね。

炎上はもう少し響きそうですね。

炎上|みんなのコメントも

慈善活動|マスクを10万枚寄付していた!?

今回の炎上動画やPRを見るとやっぱり許せないという人も多いかもしれません。

確かに感傷的な部分を揶揄されるのは気持ちよくない。

ただスマホとしては性能も良くコスパもいいです!

今回の炎上で日本の販売は一時的に厳しい状況に陥るかもしれません。

ですが炎上だけでなく慈善活動もしています!

批判も多いかと思いますがこういう面もみて一部の情報だけにならないようにしましょうね!(もちろん炎上することはよくないですが笑)

日本へ一企業が10万枚のマスクを寄付って凄くないですか?

この新型コロナウイルスでマスクの大切さが非常にわかりましたし、不足すると転売屋がたくさん現れ不当な値段で買わないといけなくなりましたよね。

必要な人に必要な分だけでも行き渡らない。

そんな現状になってようやく当たり前に手に入っていたものの大切さに気付きました。

こういった活動にTwitterでは話題になっていたんですよ!

シャオミに対して感謝のコメント(Twitter引用)

  • マジで神だろ。 さすがすぎるぜXiaomiさん
  • さすがXiaomi! やっぱりXiaomiは神すぎる
  • ある所には潤沢にあるマスク。何故か日本の店頭には全くない…。 ありがとうXiaomi!
  • 有難う御座います! これからもxiaomiを応援していきます。
  • 貴重なマスクの支援本当にありがとうございます。経済の回復の方も頑張ってください。 謝謝!

この時はやっぱり感謝のコメントが本当にたくさんありました!

リツイートだけでも900近くありましたし、いいねも3,000近くでした。

日本にむけてこういった活動をしてくださっていたことには本当に感謝しますね。

まとめ

今回は炎上PRとなってしまいました。

今回の炎上でシャオミってなんの会社?ってなった人も多いかと思います。

炎上だけでなく慈善活動のことも知って興味を持つことは大切です。

もちろんよくないPRの仕方でしたし、公式のPVも削除されていますのでよくない結果になってしまったのは事実でしょう。

今後の日本販売はどうなるか不明ですが、もしかすると撤退してしまうかもしれませんね。

先行き不安な新型コロナウイルスの影響でスマホの売れ行きも悪いでしょうし。どうなるかわかりませんね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

他にもエンタメ系の記事など書いていますのでよければ見ていったくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です