ジャスティンビーバー活動休止の理由は?原因や復帰はいつか調査!

衝撃のニュースでした。

あのジャスティンビーバーが音楽活動を休止とInstagramで発表されました。

ジャスティン公式の発表でしたので、噂とか予想ではありませんよ。

今でも小さい頃のジャスティンを覚えています。

当時12歳の時(現在25歳)にYouTubeにアップした動画が話題となり注目を浴びましたね!

その時の動画はこちら♪(かわいいな〜)

それからというもの素晴らしい歌声とパフォーマンスであっという間に有名人へ!

2016年には「世界で最も稼ぐ30歳未満のセレブリティランキング」で6位。世界的なアーティストとして認められましたよね。

今では美人な奥さんもいて何不自由ない生活だった彼に一体何が起きたんでしょうか?

奥さんとは結婚したばかりだったので何か関係があるのでしょうか?
(奥さんのことも調べましたのでチェックしてみてね)

調べてみました!(目次できになるところから読めますよ!)

なぜ?ジャスティンビーバーが活動休止を発表

公式Instagramで活動休止を発表。

「アルバムが聴きたいっていうみんなからのメッセージをたくさん読んだよ」とジャスティン・ビーバーは長文の投稿を始めている。

「僕は10代の頃から20代の前半まで、ツアーばかりの人生を過ごしてきた。

みんなも気がついたかもしれないけど、最後のツアーでは自分が幸せな気持ちを感じていないことに気がついたんだ。

こんなの僕らしくないし、みんなにもふさわしくないよね。

みんながお金を払っているのは、生き生きとした、エネルギッシュで楽しい、明るいコンサートなんだからね。

精神的に、ツアーが終わりを迎える頃にはそれを提供することができなくなってしまったんだ」

引用:https://nme-jp.com/news/70542/

解釈文はこんな感じです。

ジャスティン本人がパフォーマンスに対して納得のいくものができないストレスが続いていたのかもしれません。

コメントでは、エネルギッシュで楽しい明るいライブが提供できない自分に対し、ファンのみんなへの申し訳なさがアピールされています。

活動休止発表までの経緯は?

実は予兆があった!

2017年ですが、世界ツアー「パーパス・ツアー」の途中で残り14公演を全てキャンセルするという事態が発生しました。

9月23,24日には東京公演も予定されていました。

この時はてっきり彼のやんちゃなイメージで急遽キャンセルしただけだろうと(アーティストならありがち)思ってました。

その時の発表では「不測の事態により」という表現でした。

「ジャスティンは愛しているファンをがっかりさせることは望んでいません。

ファンのみなさんには、これまで18か月にわたって行ってきた『パーパス・ツアー』での素晴らしい経験に感謝しています。

6大陸、150以上もの公演で、キャストやクルーと一緒にその経験を分かち合えて光栄でした」

ですが、「慎重に検討した結果、今後の公演を行わない」と発表し、チケット代の返金など対応されていました。

来日予定の際は、2日間で10万人動員の大規模公演の予定でしたが残念ながら開催はされなかったようです。

この時からアーティスト活動も少なくなっていたようです。

ということはこの前から何かしらの思いや、自分のパフォーマンスに不満を抱えていたのかもしれませんね。

薬物依存の過去

薬物依存も取り上げられました。

過去に飲酒運転やコンサートの遅刻もあり、多くのスキャンダルを抱えていた彼も精神的不安から起きていたのかもしれません。

ストレスが緩和するからと言っても絶対にやっちゃいけないことのはずですが、我々の想像を絶するプレッシャーを抱えていたのも間違いのない事実だと思います。

幼い頃から注目の的だった彼は、常に人気者である必要があったと思い込んでいたのかもしれません。

若い頃すでにパパラッチを賑わせていたジャスティンは、

抗不安作用のあるザナックスという薬に依存していたと情報がありました。

本人も公開していましたので。

「自分で恥ずかしくなるようなことばかりしてきたと、自分で気が付いた。とんでもない乱交騒ぎをやらかして。恥ずかしいという思いから、ザナックスに手を出してしまったんだと思う」

ザナックスで現実逃避をしていたとも言われていました。

2014年には牧師カール・レンツ氏のもとでドラッグを断ち切ったと言われています。

プログラムを受けることなく5年間薬物には手を出していないジャスティンは妻からも尊敬されていました。

本当に断ち切れたかどうかは分かりませんが、継続していたことをやめるというのもまた別のストレスかもしれませんね。

どんな形であれ、ジャスティンの思いつきではなくこう言った経緯があっての発表だったと予想されます。

ファンとしてはゆっくり休んで最高のパフォーマンスをして欲しいですね!

ジャスティンビーバーの奥さんはどんな人?

ジャスティンの3歳年下のモデル、ヘイリー・ボールドウィンが奥さんです。

交際わずか数週間でスピード婚と報じられました。

当時の彼女は有名ではなかったんですが、セレブと一緒に報道されることが多くなり注目を浴びました。

人気者セレブの友達としての立ち位置から、本当の人気者セレブとして昇進したようです。

ですが、本当は2世セレブ!

父スティーヴン・ボールドウィンと叔父のアレック・ボールドウィンは、ともにアメリカでは名の知れた俳優です。

構図としては玉の輿婚だったかもしれませんが、ヘイリーはジャスティンをフォローし続けていたのかもしれません。

ジャスティンもヘイリーを愛し家族を優先することを宣言していました。

自分で、音楽活動を続け家族に負担をかけるよりも、自分のうつ病と向き合うことを主張していたので家族が中心になった大人のジャスティンを感じました。

当時の彼からしたら考えられないというと失礼ですが、イメージはやんちゃなイメージだったので本当に大人になって守るべきものを見つけたんだなと感慨深くもありますね。

復帰はいつ?

インスタグラムのメッセージにも「できる限り早く、最高のアルバムとともに復活したい」という文もありますので、音楽活動への復帰の可能性はあります。

ですが、今のジャスティンにとっての大切なものが「家族」ならば彼のアーティストと家族のバランスが取れるまでは復帰は難しいかもしれません。

もし彼のうつ病が治って精神的に安定したとしても早くて1年は治療に時間がかかるだろうと予想されています。

ジャスティン本人だけの問題にあらず、家族としてどうあるべきか、一家の大黒柱としてどうあるべきか、アーティストのジャスティンビーバーとしてどうあるべきか、非常に難しい問題だろうと思います。

結局は本人の気持ちが落ち着いて、いろんなことが整理でき始めて見つめ直せる時間が取れるのかもしれませんね。

奥さんのヘイリーも芸能人ですので、同じ環境が分かり合える仲かもしれません。

ヘイリーの愛で復帰してくれることを祈るばかりです。

まずは幸せなジャスティンであって欲しいですね。

みんなの声を調査!


やはり活動休止に惜しむ声がたくさんでした。

でも、その一方多くの方が休養の理由に賛同されて応援しています。

中にはPVみて病んでるって思ってた方もいるようですね!

まとめ

どんな形であれ、またジャスティンビーバーを見たい!そしてあの美しい歌声を聞きたい!と個人的には思っていますが、

ゆっくり彼の復帰を待っていた方がいいようですね。

経緯としては

大きなプレッシャーと薬物(うつ病)、そして家族との関係が今回の活動休止に結びついたと予想しています。

またかっこよくて甘い歌声が聴ける日が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です